日本国内では25年ぶりとなる「金環食」

金環食とは

日食とは、月によって太陽を覆い隠す現象を指すものです。2012年5月21日(月)朝に、日本国内では25年ぶりに観測することができる金環食は、太陽がリング状に見える、非常に神秘的な現象です。日本国内では、東は関東から南は九州にかけての太平洋側を中心に観測できるといわれています。



「金環食フライト」について

スカイマークでは2012年5月21日(月)に、金環日食帯を通過する下記対応便において、一時的に針路を変更し、機内左右の窓より金環食をご覧いただける「金環食フライト」を運航いたします。



■運航対象便:2012年5月21日(月)

便名

区間

運航時刻

SKY001

羽田 → 福岡

06:20 - 08:15

SKY511

羽田 → 那覇

06:25 - 09:15

SKY002

福岡 → 羽田

07:05 - 08:40



<ご注意事項>

金環食フライトでは皆様に金環食をお楽しみいただくため、観賞時におきましては、窓側の席を譲り合ってご利用いただく形となりますので、予めご了承ください。
当該便のご予約・ご購入時の座席指定につきましては、予約状況等によりご希望に沿えない場合もございます。
弊社機内では日食グラスのご用意がございませんので、お客様ご自身でご用意をお願いいたします。
天候等のなんらかの要因により、金環食をご覧頂くことはできない場合がございますので、予めご了承ください。

Copyright(C) Skymark Airlines Inc. All Rights Reserved.