1. トップ
  2. 手荷物
  3. お預けの手荷物

お預けの手荷物

お預けになる手荷物について、制限や注意点をご案内いたします。

リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器のお預けについて
  • スリープモードなど、機器の機能が待機状態のままではお預かりできません。
  • お預けになる携帯型電子機器は、不意に電源が入り作動しないようにするとともに、機器本体の損傷を防止するため、あらかじめ強固なスーツケースへの収納や衣類などで保護してください。

お預けの手荷物について

手荷物は出発の20分前までにお預けください。

手荷物をお預けになるお客様は、出発15分前までに保安検査を終了できるよう、お早めに手荷物カウンターにお越しください。
連休・夏休み・年末年始・ゴールデンウイークなどは特に混雑が予想されますので、出発30分前までを目安にお預けください。

無料でお預かりする手荷物

お預けの手荷物が合計20kgまで、および容積が1個につき50cm×60cm×120cmまでは無料でお預かりします。

ダミー。実ページには使用しない
サイズ 50cm×60cm×120cm以内*
個数 個数制限なし
重量 お一人様20kgまで無料
  • *スキー板やサーフボード等の長尺物は、280cmまでお預かりいたします。

お預かりできる手荷物の上限

20kgを超え100kgまでの手荷物 20kgを超え100kgまで
(※1個あたりの重量は32kgまで)
重量超過10kgごとに1,000円の超過手荷物料金を申し受けます
100kgを超えるお荷物 100kgを超える・280cmを超える手荷物 お預かりできません
  • 預入手荷物が規定のサイズを超える場合、貨物室のスペースの都合上、または当日の運航状況により、お預かりを制限させていただく場合があります。その場合、お客様ご自身で宅配便などをご手配いただくこととなりますのでご了承ください。
  • ご搭乗されるお客様ご自身が使用される車椅子、ベビーカー、携帯用ゆりかご、およびチャイルドシートなどは総重量に含まず、無料でお預かりいたします。電動車椅子は重量80kgまでお預かりいたします。
  • 高価品や貴重品、ガラス製品や瓶などの壊れやすいもの、水漏れしやすいものは、お預けにならずに機内へお持ち込みください。またその他につきましては、こちらをご確認ください。