1. トップ
  2. コラボレーション
  3. ボブスレージェット
スカイマーク×ボブスレー

モノづくり大田区からの挑戦を
応援します

スカイマーク株式会社(以下「スカイマーク」)は、下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会(以下「下町PJ」)とのコラボレーション企画として特別デザイン機「下町ボブスレージェット」を運航いたします。
スカイマークは現在、羽田空港を中心に10都市19路線に就航しております。
羽田空港のある東京都大田区には3,000以上の工場があり、国内随一のモノづくり企業の集積を誇ります。そしてその高い技術力は日本の製造業を支えています。
欧米の強豪国では企業や国が総力を挙げてボブスレーのソリを開発する中、下町PJはモノづくりの町である大田区の町工場が中心となって、世界へ挑戦する日本製のボブスレーを開発しています。
スカイマークは、下町PJの世界への挑戦やモノづくりの力と心意気の発信を応援し、また、大田区の産業振興の一助となれるよう、
特別デザイン機「下町ボブスレージェット」を運航してまいります。

ジェットデザインイメージ図
  • 運航機材/機体番号:ボーイング737-800型機/JA73NT号機
  • 就航予定期間:2017年10月6日~2018年10月下旬まで
  • 就航路線:全路線
  • デザインコンセプト:和のテイストをベースに大田区の区の花である「ウメ」をあしらいました。
    また、流れるデザインでボブスレーの疾走感を表現し、機体上部には「東京 大田区から世界へ」「羽田空港から全国へ」と大きくスローガンを掲げました。
スカイマーク×ボブスレー

機内限定販売

下町ボブスレージェットモデルプレーン

「下町ボブスレー」がモチーフのオリジナルモデルプレーンを、下町ボブスレージェットの機内のみで販売!

販売価格:5,000 円(税込)

※数量限定販売のため、売り切れる場合がございます。

1/130スケール:全長約30cm

機体左側面

ドア横 機体右側面 台座
ドア横 機体右側面 機体台座

機内イベント

特製ヘッドレストカバーの設置

下町ボブスレージェットの座席には、「ボブスレー」仕様のヘッドレストカバーを設置いたします。

ヘッドレストカバーイメージ図

お披露目

2017年10月5日に公開!

市江社長のご挨拶のごようす

市江社長のごあいさつ

スカイマーク社員と下町ボブスレーネットワークプロジェクトの皆さん

スカイマーク社員と下町ボブスレーネットワークプロジェクトの皆さま

下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会について

下町ボブスレーロゴ

下町ボブスレーは、大田区の中小製造業が共同でボブスレー競技のソリを開発・製作するプロジェクトとして2011年末にスタート。
活動の主体となる任意団体・下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会は、大田区の中小製造業を中心に元ボブスレー選手、レーシングマシンメーカー、大学教授などで構成しています。

下町ボブスレーネットワークプロジェクト公式サイト

  • 下町ボブスレーネットワークプロジェクト公式サイト
  • 下町ボブスレーネットワークプロジェクト公式facebook

スカイマーク株式会社はサポーターの一社として
下町ボブスレープロジェクトを応援しています。

© 2016下町ボブスレー