1. トップ
  2. 定時運航率No.1達成

定時運航率1位(2017年度 国内航空会社中)

定時運航率No.1を達成しました。

スカイマーク株式会社は、平成30年(2018年)7月31日に国土交通省が発表した「航空輸送サービスに係る情報公開」の特定本邦航空運送事業者に係る情報において、平成29年度の定時運航率が93.06%となり特定本邦航空運送事業者12社中第1位となりました。

定時運航率は、全体の便数に占める出発予定時刻以降15分以内に出発した便数の割合です。また、欠航率(運航予定便数に対する欠航便の割合)については0.59%となり、12社中最も低くなりました。

  • 客席数が100席または最大離陸重量が50トンを超える航空機を使用して行う航空運送事業を経営する本邦航空事業者

航空輸送サービスに係る情報公開(平成29年度)

代表取締役社長メッセージ

お客様の時間を大切にします。

これは新生スカイマークの方針として掲げた「お客様への約束」の一つです。スカイマークは安全運航を第一とした上で、「お客様への約束」を実現すべく、全社一丸となって定時運航率の向上に向けて取り組んで参りました。

定時性向上委員会をはじめ、地上旅客職員、グランドハンドリングスタッフ、客室乗務員、整備士、パイロットなど運航に関わる全てのスタッフが改善に向けて協力して取り組みました。

今回、定時運航率において第1位となったことは、大変光栄なことであり、日頃より弊社をご利用いただいております皆様の定時出発へのご理解とご協力のおかげと、心より御礼申し上げます。

これからもスカイマークは、安全運航を最優先に、安定して高い定時運航率を継続できるよう取り組んで参ります。引き続き変わらぬご支援、ご愛顧の程何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長サイン

代表取締役社長
市江 正彦