1. 国際線トップ
  2. 米国線をご利用のお客様へのご案内
  3. 米国線の保安検査・手荷物の取扱いについて

米国線の保安検査・
手荷物の取扱いについて

保安質問について

米国運輸保安局(Transportation Security Administration 以下TSA)からの通達により、米国へご出発されるお客様を対象に、成田国際空港にて保安に関する質問をさせていただきます。航空保安のため、ご理解ご協力をお願いいたします。

TSA Pre ✓®(TSA事前審査プログラム)について、スカイマークは対象外のためご注意ください。

日本出発時の粉末の機内持ち込み制限について

米国運輸保安局(TSA)からの通達により、機内へお持ち込みになるお手荷物内の粉末について検査を行い、350ml(12oz)以上の場合には持ち込みができません。あらかじめ、受託手荷物としてお預けください。航空保安のため、ご理解ご協力をお願いいたします。

お預けになる手荷物の取扱いについて

米国運輸保安局(TSA)からの通達により、お客様がお預けになる手荷物の爆発物検査が強化されています。

米国の各空港を出発、または乗り継ぎされるお客様がお預けになる手荷物については、「預ける手荷物には施錠しない」ことが求められております。検査結果、不審物反応などが認められる場合、当局係員による中身の検査が行われることがございます。
また、施錠されている手荷物は、状況によっては、米国運輸保安局(TSA)判断のうえ手荷物所有者および航空会社への告知なしに鍵を破壊して検査を行う場合もございますのでご留意ください。

貴重品・高価品などについて

上記内容をご留意の上、貴重品、高価品などは含まず、手荷物をお預けください。なお、米国運輸保安局(TSA)による検査によって生じた手荷物(鍵部分も含む)の破損・没収・内容物の紛失については、スカイマークでは免責とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

カメラフィルム・ビデオテープなどについて

検査機器により未現像のフィルムが感光するなど影響が出ますので、お預けする手荷物の中には入れないよう、ご注意ください。

関連サイト

米国運輸保安局(TSA)要請による安全確保の検査となっておりますので、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

米国運輸保安局(TSA)(英語のみ)