1. 国際線トップ
  2. 米国線をご利用のお客様へのご案内
  3. 米国内の空港発着便における遅延の対応について

米国内の空港発着便における
遅延の対応について

米国内の空港発着便において、航空機がゲートを出発してから(出発の場合)、または着陸してから(到着の場合)地上にとどまり、機内にてお客様を長時間お待たせする場合、以下のコンティンジェンシープランに基づいて対応いたします。

  • 1.航空機が出発または着陸後に機内でお待たせする時間が2時間を超えた場合には、機内において軽食と飲料水を提供いたします(ただし、安全上またはセキュリティ上の理由によりそのようなサービスが不可能であると機長が判断した場合を除く)。
  • 2.航空機が誘導路上に留まっている間、快適な機内温度の設定に努め、医療行為が必要なお客様への対応、および化粧室の貸出などを実施します。
  • 3.航空機の遅延が解消されるまで、遅延状況に関するご案内を少なくとも30分ごとに行い、遅延の理由や機内から降りることができる見込みなど、情報をお伝えします。

スカイマークは、航空機離着陸時の滑走路待機時間が4時間を超えないよう努め、それを超える場合は、お客様に対し航空機を降りて空港のターミナルに戻ることを許可します。ただし、以下の場合は例外となります。

  • 安全およびセキュリティ上の理由がある、もしくはお客様を航空機から降ろすために滑走路上から移動することができないなどと機長が判断した場合
  • 航空管制官が機長に対し、降機可能な場所に移動することにより空港運営に多大な支障をきたすと判断した場合

この米国内の空港発着便における遅延対策は、スカイマーク株式会社(SKY)が米国運輸省(DOT)の規則および14 CFR 259.4に従って作成したものであり、米国空港での発着時に適用されます。