1. トップ
  2. 空港・機内サービス
  3. 空の安全のために
  4. 機内持込手荷物について

機内持込手荷物について

機内持込可能な手荷物には制限がございます。また手荷物の収納方法をあらかじめご確認ください。

機内持込制限品

危険物は安全確保のために航空機内にお持ち込みになれません。
  • ナイフ/ハサミ類
  • 先の尖った物/バット類

機内持込、お預けの手荷物としてのお預かりができない危険物についてはこちらをご参照ください。

機内持込可能な手荷物サイズ

身の回り品(ハンドバッグ・カメラ・傘など)に加え、下記の手荷物が持込可能です。

サイズ 重量 個数
55cm×40cm×25cm
3辺の合計が115cm以内
10kg以内 1個
  • 上記サイズ内の手荷物であっても収納スペースの関係から、機内にて適切に収納できないと判断される手荷物については、搭乗口および客室内にて受託手荷物として貨物室にお預かりさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
  • 規定サイズを超える手荷物は保安検査ができません。持込可能サイズを超える手荷物は保安検査場通過前に予め手荷物カウンターにてお預けください。

手荷物の正しい収納方法

機内に持込まれたお荷物は、前の座席の下、または上の棚にお入れください。

最前列・非常口座席のお客様へ

全ての手荷物を座席の上の棚に収納してください。

座席上の物入れに手荷物を収納する場合は、扉を開けた際に滑り落ちないように収納してください。

揺れや衝撃があった際に、正しく収納されていない手荷物はお客様または他のお客様にあたる可能性があり、怪我を負うことがあります。

また散乱した手荷物は皆様の脱出経路を妨げてしまいます。